こちらでは新居の分譲マンションに引っ越しした方のカーテン購入体験談をご紹介します。

引っ越した新居は分譲マンションで、2LDKです。

窓は三箇所にあります。カーテンレールは初めから付いていました。

一番大きな窓がリビング、次はパソコンが設置されていて物置としても使用している部屋です。普段はここに入ることは少なく、寝泊まりもしません。最後の小さい窓は寝室です。

まず、3つの窓、全てのサイズを測り、ニトリへ買いに出かけました。

ニトリのワゴンセールで購入したけど・・・

売り場ですぐ買える袋入りの在庫には、窓が大き過ぎてオーダーしないと買えない感じでした。

が、たまたま、別のニトリへ行った時、ワゴンセールに窓に合うサイズがあったので、茶色に白の花が刺繍された一級遮光カーテンを買いました。

観音開きなのですが、左側のカーテンに、布を繋ぎ合わせている跡があり、ちょっと残念な買い物となりました。購入前は袋からカーテンを取り出せなかったので気づかずに購入してしまいました。2番目に大きな窓は、インターネットでカーテン専門店を探して、合皮調のオフホワイトのカーテンを購入しました。

こちらも一級遮光カーテンです。通販は心配でしたが高級感のある良いカーテンを買えました。

次に寝室の小さなカーテンは、近所のアウトレット(バンビといいます)で買いましたが、一級遮光カーテンではなかったため、眩しいので再びニトリで買い直しました。

レースの目隠しカーテンはIKEAで購入

次はレースの目隠しカーテンです。1番目と2番目に大きい窓のレースのカーテンは、IKEAで購入しました。丈がものすごくあるので、面倒でしたが針と糸で裾を縫いつけました。寝室の窓のレースのカーテンは、先述のアウトレットで買ったものを使用しています。寝室の窓は小さく、一般的なサイズのようで、お値段も安く、すぐに探すことができました。

今後悔しているのは、子供がカーテンの中に入ってかくれんぼをして遊ぶため、カーテンをカーテンレールに引っ掛けるプラスチック製のパーツが2つ直ぐに壊れてしまった事です。

予備がもしかしたらニトリの売り場にあるかもしれませんが、外れたままでも、カーテンの幅が大きいため、きっちりと引っ張ると、それほど気にならなく使用出来ています。

次はカーテン専門店でオーダーしたい

何度も買い物に出かけたので、結構大変でした。もし、次にカーテンを買い替えるなら、お金は掛かるのですが、カーテン専門店でオーダーしたいと思いました。

また、一級遮光カーテンは譲れないポイントでした。

意外とどの店も取り扱いが少なく、買うのが大変でした。ネットで買うのも良かったので次回の参考にしたいと思います。今思えば、分譲一戸建てだと、たまにカーテン付きの物件もあったりしたので、勿体ない物件を候補から外してしまったかなとも思いました。

ちなみに、カーテン選びに苦労したのは引っ越しの際の盲点でした。

数日間カーテンのないまま生活した日もあったので、落ち着きませんでした。

まとめ

実は引っ越しで最も大きいミスというか忘れ物が、引っ越しした当日にカーテンがない!ということです。
家族がいる方ならよいのですが、女性のひとり暮らしの方などの引っ越しの場合、引っ越しした当日はカーテンなしの丸見え状態で夜を過ごすということになります。

カーテンは部屋の雰囲気を決める大事なインテリアグッズです。かといって急いで購入するものでもないのですが、引っ越し当日はカーテンがない場合はどうする!?ということも想定しておいてほしいです。