新築分譲マンションを1年前に購入し、間取りは横長リビングの3LDKです。

30代の専業主婦である私、30代の会社員の主人、小学一年生の娘、年少の娘の4人家族です。

住環境は、横浜市都筑区で、マンションの周りは工業地帯で駅から離れていますが、スーパーがマンションの隣にあり、買い物には便利です。(マンションの世帯数は約160戸で大型です。)

無印良品のオーダーカーテンを選びました

カーテン買い替えの総額はリビングのカーテンが6万円くらいで、寝室と子供部屋は合わせて1万円くらいなので総額で7万円くらいです。

 

リビングのカーテンは、リビングの形が横長で幅が2メートルありますので、オーダーしなくてはならなく、そこまで価格の高くない無印良品のオーダーカーテンにしました。

 

無印良品にした理由は、ナチュラルなイメージのリビングにしたかったのと、生地の種類がとても豊富だったからです。

 

 

無印良品のネット通販サイトは楽天市場の「楽天ペイ(旧:楽天ID決済)」が使えるので、楽天ポイントを貯めたい方は無印良品のネット通販サイトでカーテンを購入して、決済を「楽天ペイ(旧:楽天ID決済)」を選ぶことで楽天ポイントが貯まりますよ。また、「Yahoo!ウォレット」を使えば、Tポイントが貯めることができ、「d払い」を選べば「dポイント」が貯まります。

 

カーテンの縦の長さを間違えないこと

カーテンを選ぶ際に注意したことは、カーテンの縦の長さを間違えないことした。

 

マンション購入にあたり相談したインテリアコーディネーターの方いわく、床から2センチほど浮くくらいの長さがベストと教えていただきました。

 

あとは、レールの長さも採寸の仕方を教えてもらい、ジャストサイズで注文することに最も気を付けました。

 

それぞれの部屋のカーテンを選んだ理由

それぞれの部屋のカーテンを選んだ理由は、リビングのカーテンはよっぽどのことがない限り買い替えないと思ったので飽きのこないシンプルなデザインにしようと思い、柄物ではなく無地一色でこだわりました。

 

色は、床と壁の色が白に近い明るい色で選んでいて、明るい雰囲気のリビングにしたかったのと、キッチン台と食器棚がライトグレーなので、合わせてライトグレーにしました。

 

まだ小さい子供がいたので白っぽい色は汚されたら目立つと思い、避けました。

 

一つ後悔したことは、内側のレースカーテンも特に柄のない本当にシンプルなものにしたので、内側のカーテンは少し柄の入ったものにすれば良かったかなと思っています。

 

子供部屋と寝室のカーテン選びは?

子供部屋と寝室は、特にこだわりがなかったのでお手頃価格のニトリで購入しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

既製カーテン(ルナ 100X110X2) ニトリ 【玄関先迄納品】
価格:1952円(税込、送料別) (2018/11/2時点)

 

 

 

子供部屋のカーテンは、6歳の長女が自分で選びたいと言ったので選ばせてあげました。

彼女の選んだのは、薄いピンクの蝶々柄で、そこまで子供っぽくなかったので少し大きくなっても使えそうだったのでそれに決めました。

寝室はやはりシンプルな、柄のないアイボリー色の既製品にしました。

価格重視だったので遮光断熱はとくにこだわりませんでした。

選ぶ基準としては、できるだけ長く使えるようにシンプルで、万が一買い替えなくてはならないとなったときのことを考えて、お手頃価格の子ども部屋用のカーテンを選びました。