ミホミホ

引越しでカーテンを買い替えたアンケート回答者様からの体験談をご紹介します!

アンケート回答者様アンケート回答者様

私は37歳主婦で、36歳夫と4歳息子とともに分譲マンションに住み始めて2年になります。
我が家は引越しと同時にカーテンを新しく買い替えました。

我が家のリビングと子供部屋のカーテンの種類は防火対策のカーテンで生地が厚めのシルバーにしました。

火災が心配だったので防火にしました。シルバーの色味は部屋全体の色合いを明るくしたくて決定しました。

カーテンの購入代金が50万円を超えましたが後悔していません。

光の角度によっては、少し糸が光るところが特に気に入っています。夫婦の寝室は防火ではありませんが、葉っぱの刺繍で凹凸のある可愛らしい生地でホワイトを選択。

私の寝心地が良くなるよう、寝室のカーテンだけは私好みのテイストにさせてもらいました。

また、全ての部屋がダブルレールで、片側はホワイトのレース素材のカーテンにしました。

購入金額は、リビングと子供部屋と寝室がそれぞれ20万円以上しました。
合計で50万円を超えてしましいましたが、色や素材が気に入っているので後悔はしていません。

お部屋の壁の雰囲気は、一部は艶のあるクリーム色系のエコカラットにており、高級感を演出しました。エコカラット以外の壁もクリーム色なのですが、一般的に多い色合いの明るい雰囲気です。

カーテンレールの種類はアルミタイプのダブルレールです。

カーテンを購入したお店は某カーテン取扱店の東京ショールームです。コーディネーターが図面を見ながらサイズを計測してくださったり、私たち夫婦のイメージを親切丁寧に聞いてくださり、カーテン選びを手伝ってくださいました。

引っ越しで全て新しく新生活をスタート!

引越しで、全て一から揃えて新生活をスタートさせたかったので、カーテンや照明などカーテン取扱店のコーディネーターに相談しつつ、まとめて購入したので部屋の雰囲気を統一させる事ができました。

今後も引越しがあればカーテンの買い替えをしようと思います。

また、子供が大きくなった時に、子供が他のテイストのカーテンに変えたいと言うようになれば買い替えをするつもりです。

まとめ

防火のカーテンは万が一の事を考えると、生地は厚めになってしまいますがオススメだと思います。

アンケート回答者様アンケート回答者様

今後、カーテンを購入する方がいらしたら、家具専門店にてコーディネーターさんをお願いして計測や希望のテイスト、雰囲気を伝えてカーテンを選ぶと、自分たちには無い新しい着眼点が出来て新鮮ですし、何よりも間違いないと思います。

ミホミホ

室内の雰囲気を決めるのはカーテンといっても過言でないくらい、カーテンの影響は大きいですよね。
インテリアコーディネーターの方に部屋の雰囲気に合わせて、カーテンを選んでもらえるのはよいサービスだと思います!