我が家は神奈川県在住、8歳、3歳娘と、夫(39歳)私(39歳)4人家族です。

並木道などがあり、落ち着いた雰囲気の街の駅から徒歩5分強の3LDK分譲マンションを購入しました。

家族でカーテン選びをしましたので、その経験をご紹介します。

数回の引っ越しでその都度カーテンを買い替えた・・・

今回のマンションへの引っ越しで、カーテンを買い替えまして、前回もカーテンを購入して満足していたのKEYUCAで選びました。
KEYUCAは近くのショッピングモールに入っていて行きやすく、家具や雑貨も一緒に売っているし、雰囲気が好きなのでちょくちょくのぞきます。


↑楽天市場にもあります。

ネットで気になるカーテンの生地のサンプルも依頼できます。


>> KEYUCAのカーテン生地サンプルページはこちら

今まで何度か引っ越しをしていて、その都度カーテンを買い換えましたが、一度目は転勤族で賃貸マンションに住むにも関わらず、総額8万円使ってしまい、その半年後に転勤になってしまったので非常に悔しい思いをしました。

カーテンはなかなか違う物件でぴったり合うサイズに巡り合うことも少ないので、賃貸で引っ越す可能性があるなら、あまりお金を掛けないほうがいいなと思いました。

分譲マンションのカーテン買い替えで4万4,000円

今回は分譲マンションでしたので、色々気にせず好きなカーテンを選びました。

とはいえ、KEYUCAはとてもリーズナブルな価格だと思います。普通のシリーズだと、一窓5,000円です。3LDKですと窓が4つなので、メインのカーテン4セット、遮光カーテン4セット。

腰高窓が5,000円、掃き出し窓が7,000円なので、総額で4万4、000円(税抜)ということになります。

選び方としては、最初の1~2回目の購入時には、暗めのベージュなどにしてしまい、夜になると部屋が暗い雰囲気になるということがあったので、明るめの色がいいのだなと思います。

高いカーテン代になってしまって後悔した後は、安いものでいいやとニトリに行きましたが、安いは安いのですが、どの柄もいまいち気に入るものがなく困り、結局そのときはみんな無地にしました。

カーテン選びは部屋の雰囲気を考えて

今回は、KEYUCAでおしゃれな柄も多いので悩みましたが、まずリビングは、明るめのベージュ時に控えめな花柄の模様にしました。
カーテンを閉めた時も明るい雰囲気で気に入っています。

リビングとなりの繋がった洋室は、統一性を持たせるためにリビングと同じもの。子ども部屋は、女の子二人で、ゆくゆくは二段ベッドを置く予定なので、可愛らしく大き目な赤い花の柄のポップなカーテンにしました。

北向きの部屋ですが、明るい雰囲気になり、娘たちも気に入っています。寝室は、暗くなっても問題ないので、落ち着いた雰囲気のモスグリーンのカーテンにしました。

薄いレースカーテンは、機能性で選び、すべて遮光カーテンにしました。

リビングは南向きで外からも部屋が見えやすそうなので、ミラーカーテンにしました。

まとめ

すべてつけてみて、今回のカーテン選びには価格的にもデザイン的にも気に入っています。

実際にみるなら店舗でチェックするとよいですが、子供さんが小さかったり、忙しくてなかなか店舗でチェックできない方はネットでも選べます。

おしゃれなインテリア雑貨やキッチングッズも揃っていますよ♪


>> KEYUCAのカーテン生地サンプルページはこちら